2008年05月20日

同人誌が欲しい人に行き渡らない現状をどうにかするべきか? どうにもならないんじゃない?←結論

■「同人誌が欲しい人に行き渡らない現状をどうにかするべきでは」の問題提起について
(情報元:独り言以外の何かさん)

同人作家というのは基本的に「個人」でやってますからね。
「在庫リスク」を考えると大量生産はリスクが高過ぎます(汗)

思ったより売れなければ在庫が部屋を占領して、部屋が狭くなりますし、大手で「確定申告」しているサークルさんの場合、在庫自体が「資産」と見なされ、大量に在庫が残っていると支払う税金が高くなってしまうと聞いたことがあります。
(マイナーな本とかゲームが、すぐに「絶版」になってしまうのは、そういう理由があったりします。あと倉庫代の節約とか)

一度在庫が切れたら重版しないで「在庫リスク」のないダウンロード販売に切り替えるという手もありますが、基本的に「同人誌」の場合、「紙の本で読みたい」という人が多いみたいなんですよね。(汗)
(『同人ゲーム』でさえ、「パッケージ版で欲しい」と言う人が結構多いようです。オレは同人ゲーム等をよくDL販売サイトで購入してたりしますが)

冒頭にも書いた通り、同人というのは基本的に「個人」の「趣味」でやっていることですので、あまり多くを求めないでやって欲しいなぁと思いました。(汗)

リンク先の人も書いているけど、同人誌が手に入らないからって、P2Pや違法DLサイトでDLするのは、作者に対する「裏切り行為」ですから「ダメ、ゼッタイ」ですよ。
「○○さんの同人誌は絶対読みたい!」という気持ちは良くわかりますけど、ルールを守れないオタはただのクソオタだ。
時には「諦める」ことの出来る「華麗な(変態)紳士」を目指そうぜ。( ´ー`)b


「同人18禁ソフト」の始め方・儲け方
こんな本が出てたんですねぇ(;´Д`)
「儲け方」とか書いちゃってるけど、普通にアルバイトした方が収入良いですよ?w
経験者が言ってるんだから間違いない。
posted by 妹尾拓 at 08:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 同人
Web拍手 はてなアンテナに追加 
この記事へのコメント
>同人誌が手に入らないからって、P2Pや違法DLサイトで
>DLするのは作者に対する「裏切り行為」ですから「ダメ、
>ゼッタイ」ですよ。

 古本で良いんじゃね?
 『虎のあな』とか『K-BOOKS』などの、同人誌専門の古本屋があるわけだし。
 ヤフオクで落とすという手もある。

 充分な流通量を作らずに、
「古本買うなっ! ヤフオク使うなっ!」
 と言うのは、サークル側の傲慢でしかない。

 『必要以上に売りたくない』は『著作料はいらいない』と同意語だろ。
 在庫を持つのが嫌なら、データ化して『DLサイト』で販売したらいい。
 お金がいらないのなら、データ化したものを自分のHPに無料で晒せば良い。そうすれば、ヤフオク価格も暴落するし、欲しい人間はP2Pソフトを使用する必要がない。拍手ボタンも付けたら感想も聞けて一石二鳥。

 リンク先で、P2Pソフトで流れることを『レイプ』に例えられていたが。
 胸もと開いた露出の強い服装で。
 真夜中に徘徊し。
 怪しい兄ちゃんの車に乗り込んで。
 その結果『レイプ』されたとしたら、そりゃぁ自業自得じゃね?

 在庫するくらい大量に作るのも、在庫を嫌い数を絞るのも、全てはサークルの自由。
 そして、自由には常に責任が伴うと、私は思うね。


 まぁ、もっとも。
 海賊版同人誌を作って、金儲けを企むヤツ。
 アノ連中は、マジで氏ねば良い。つーか、今すぐ氏んでくれ。
Posted by 凍頂烏龍茶 at 2008年05月20日 12:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15082001
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック