2008年08月05日

創作物の規制に反対する署名を皆で送ろう!

■創作物の規制に反対する署名募集が行われています(悪徳商法?マニアックス)
■創作物の規制/単純所持規制に反対する請願署名市民有志

dankohantai.jpg


簡単に言うと、

●CG、絵画、イラストなど、実写以外の架空表現も規制対象とする。
●単純所持も処罰の対象とする。


この2点が「児童ポルノ法」に追加されそうになっています。
これは明らかに「児童の人権擁護」という大義名分を振りかざした、「メディア規制」「言論封鎖」です。

「少女」や「少年」を描いた漫画やゲームは、「規制者」の気分次第で「規制」できてしまうかもしれないのです。
日本国民全員を『犯罪者予備軍』にしてしまうような「悪法」を許すことは出来ません!

こちらから署名用紙をダウンロードし、印刷して、署名して、山口貴士弁護士へ送りましょう。

夏コミとかコミティア85等の同人誌即売会でも、署名ブースを設営して署名を募集しているそうですので、この問題について興味がある方は是非、署名にご協力ください。

9月10日を第一次集約として国会や関係省庁に届けるそうです。

心の中だけで「イヤだな」と思っていても、その声は誰にも届きません。
「あの時、署名しておけば良かった…」と後悔しない為にも、この機に署名しておきましょう。

もちろん、妹尾も署名して送る予定です。
よろしくお願い致します。


性表現規制の限界
posted by 妹尾拓 at 19:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記
Web拍手 はてなアンテナに追加 
この記事へのコメント
規制で犯罪が抑制されないことは規制国の性犯罪の人口比を見ればわかる
規制には反対です
Posted by 井上貴裕 at 2009年06月26日 17:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17631104
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック